大田市立高山小学校

Ⅰ 学校いじめ防止基本方針


1.基本方針
 「いじめは、どの学校でも、どの学級でも、どの児童にも起こりうる」「いじめは人間として絶対に許されない行為である」という基本理念に立ち、いじめの未然防止や早期発見、早期対応に取り組む。
 本校のいじめ防止に向けた基本的な姿勢を以下のとおり示す。

○生命と人権を大切にする学校の風土づくりと、児童の進路保障に向けた取組を推 進する。
○あたたかい人間関係づくりを進め、児童の安らかな居場所を確保する。
○いじめを早期に発見し、適切な指導を行い、いじめを早期に解決する。
○全職員で共通理解と校内研修を行い、児童理解と実践力を高める。
○いじめ防止のために、保護者・地域・関係機関との連携を深める。

 このことを念頭に置き、一人ひとりが大切にされ、いじめのない学校づくりを全職員で一致協力して進める。

2.取組の具体
 (1)未然防止のために
【互いを認め合える人間関係と学校の風土づくり】
ア 一人ひとりを大切にした集団づくりを進め、困ったことなどを相談しやすい 雰囲気づくりに努める。
イ 人権週間や人権集会や教育活動全体をとおして、児童の人権意識を高め、すべての児童に「いじめは決して許されない。」ことを繰り返し伝え、お互いの人権を尊重し合おうとする心情と態度を育てる。
ウ 日常的な活動や学校行事において縦割り班(高山っ子班)で活動したり、全校遊び(高山っ子クラブ)を定期的に行ったりすることをとおして異年齢集団での関わり方を学ばせ、思いやりの心と自己有用感を培う。
エ 大森小学校との集合学習をとおして、コミュニケーション能力と集団生活における望ましい態度と社会性の育成を図る。
オ 教職員の姿勢を「わたしたちのちかい」という宣言文にまとめ、児童に公表する。
    

【一人ひとりを大切にした学力保障】
ア 基礎的・基本的な学習内容の定着化を図り、「わかる授業」の実践を進める。
イ 特別支援教育の視点に立ち、児童の実態を踏まえた学習内容と学習方法を工夫しながら授業改善を行う。
ウ 「漢字大会」「計算大会」の実施や学習の手引きの活用などをとおして、主体的に学ぶ姿勢を育成する。

【特別支援教育・道徳教育の充実】
ア 支援が必要な児童について、職員間で共通理解を図り、体制づくりと支援の充実を図る。
イ 児童の実態に合わせ、内容項目の重点化、指導法の工夫・改善を図りながら児童の道徳性を培う。

【よりよい生活習慣の定着】
ア メディアとのよりよいつきあい方を重点項目にし、学校区・地域・家庭で連携して生活習慣の改善に取り組むとともに情報モラルの向上を図る。
イ 「すこやかキッズカ-ド」「家庭学習チャレンジ高山小カード」の取組をとおして基本的な生活習慣と学習習慣の定着を図る。

【普及啓発】

  ア あたたかな関わりの中で豊かな心を育んだり、自他を尊重する態度を育てたりすることを通して、自尊感情や人権感覚を培っていくことの大切さを通信や連絡帳、集会やPTA研修等において大人への周知を図る。
 イ 学校生活全体を通して、他人の弱みを笑いものにしたり、暴力を肯定したり、異質な他者を差別したりといったことを絶対に許さない子どものお手本となるような大人のふるまいを徹底する。

 (2)早期発見及び迅速・誠実な対処のために

【いじめの認知】
ア 児童のささいな変化に気づき、いじめではないかとの視点を持って、早い段階から的確に関わりを持ち、児童の訴えを真摯に受け止め、丁寧に聴いていき、いじめを隠したり、軽視したりすることなく積極的にいじめを認知していく。
イ 地域や家庭においても、子どもの様子を見守り、ささいな変化も見逃さず、いじめが疑われるときは、学校等にすみやかに相談・通報することを周知徹底する。 

【きめ細かな児童理解】
ア 全職員による日常観察と日常的かつ定期的な情報交換(「子どもを語る会」「事例研究会」)を行い、児童の実態把握と共通理解を図る。
イ 学期に1回の教育相談週間を設け、すべての児童の悩みを受け止め、解決に向けての見通しや方策をともに探り、不安を解消する。

【アンケート調査の実施】
ア 「いじめ防止アンケート(にこにこアンケート)」を実施し、早期にいじめを発見し、解消に向けて迅速な対応を行う。
イ 「楽しい学校生活を送るためのアンケート(アンケートQ-U)」を実施し(6月と11月)、児童の学校生活に対する満足感や集団の状況を把握・分析し、いじめの早期発見と迅速な対応に生かす。

【「いじめ防止委員会」と「いじめ対策チーム」】
ア 定期的かつ臨時的に「いじめ防止委員会」を開催し、いじめ防止の取組や相談内容の把握・児童や保護者への対応等について協議する。
イ 個々の事案に対しては、「いじめ対策チーム」により事実関係の把握や対策を迅速に行う。

【地域や家庭、関係機関との連携】
ア 必要に応じて、PTA、放課後児童クラブ、スポーツ少年団等、地域の関係団体と学校関係者がいじめ問題について協議する機会を設定する。
イ 必要に応じて、関係機関(警察、児童相談所、医療機関、法務局、民生児童委員協議会等)との適切な連携をし、いじめ問題の対応に取り組む。

(3)生徒指導・教育相談の充実のために
【生徒指導体制の充実】
ア 一人ひとりの児童理解や学力保障に努め、好ましい人間関係づくりをすすめ、児童が自己存在感をもって学校生活が送ることができるようにする。
イ 日常の情報交換や定期的な「子どもを語る会」などをとおして、児童の様子や変化を継続的に共有する。
ウ 生徒指導上の問題に対して、対策チームを編成し、早期発見とすばやい対応を組織的に行い、改善を図る。
エ 大田市教育委員会や関係機関との連携を図るようにする。

【教育相談体制の充実】
ア 管理職のリーダーシップのもと、教育相談担当者や特別支援教育コーディネーターを中心とした相談窓口や教育相談週間などをとおして、いつでも誰にでも相談できる体制をつくる。
イ 困っていることや悩みがあれば、誰にでも相談できることや相談することの大切さを児童に伝える。
ウ 児童や保護者の悩みや苦しみを受け止め、いじめから守る姿勢をもって相談を受ける。
エ いじめに関する相談を受けた教職員は、管理職に報告し、「いじめ対策チーム」をとおして、校内で情報の共有化を図る。
オ スクールカウンセラーの来校日を事前に児童や保護者に周知し、計画的に活用する。
    
(4)重大事態への対処(別紙)
  〇重大事態とは以下の事態が生じた場合とする。

・児童の生命や身体、財産に重大な被害が生じる恐れがある場合

・いじめにより児童が「相当の期間」学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると
 認めらえる場合  ※「相当の期間」とは年間30日を目安とする

・被害児童や保護者から、いじめにより重大な被害が生じたと申し立てがあった場合

ア 重大事態が発生した場合は、大田市教育委員会に速やかに報告する。
イ 調査・事実関係の把握
  ・加害児童から事情を聞く場合は、被害児童の保護者の同意を得てから家庭訪問をし、複数による事情聴取を行う。
  ・「いじめ対策チーム」により全校児童や保護者に聞き取りやアンケート等を行い、事実関係を把握し、大田市教育委員会に提出する。
  ・いじめを受けた児童とその保護者に対して、真摯に情報を提供する。
ウ 「いじめ対策チーム」で指導方針の決定と指導体制の確立をし、指導と支援の具体的な手だてを決定する。
エ 全職員でいじめ解決への指導と支援を継続的に行う。
オ 被害児童がいじめの解消を自覚し、関係児童との関係や集団活動が良好となった場合を事態収束とする。

(5)校内研修
  ○職員の人権尊重を貫こうとする意識や信念、姿勢の向上のための研修を計画的に行う。