11月17日(木)に大田二中校区の学校を中心に島根県特別支援教育研究大会が行われました。本校においても1年生の国語と特別な教科道徳の授業を公開しました。あわせて研究の概要についても発表しました。県内から多数の方がご来校くださり、また感染症予防の観点からオンラインで参加してくださった方もおられました。

 本校では「みんなちがってみんないい」の合い言葉を大切にして協働的な学びを通して学習を深めること、全員が授業に参加できるしかけとして「ユニバーサルデザイン」を工夫すること等を研究の柱としてきました。当日は、1年生2学級が本校を代表として、一生懸命な取り組みを見せてくれました。

 今後も研究を推進し、よりよい授業づくりに努めていきます。ご参加くださった皆様、貴重なご意見ありがとうございました。

ab

c

d